※このページは2012年に投稿し2018年に追記をしています。

 

乾癬の改善には、まず腸内の改善が重要です。

他の項でもご説明の通り、乾癬の克服には体内の毒素を定期的に排泄する必要があるといわれています。

 

便秘解消をしたり、質の高い睡眠をとったり、ストレスを解消したり・・

その中でも便秘解消は重要なので、この方法と洗腸について説明していきます。

 

 内蔵を綺麗にして乾癬を治療する洗腸とは?

 

腸内をキレイに保つ事が乾癬治療には大切だといわれています。

 

僕自身も乾癬の自然治療を始めた際にまず実践したことは、便秘解消と腸内の洗浄でした。

 

これはケイシー療法でも強くすすめている方法で、乾癬改善のための1つの手段となっています。

 

もちろん腸内洗浄を実践したからといって必ずすぐに乾癬が完治するとは思わないで欲しいのですが、

 

少なからず腸内はキレイになりいくらかの効果は期待できるはずです。

因みに僕が当時使っていた洗腸キットはこちら。使いやすかったです。

 

やるに越したことはない方法ですが、

やらなければ必ずしも実践が必要という方法ではありません。

 

経験上は実践すれば大きな効果は得られる可能性が十分にあると感じています。

 

では、どのようにして腸内を洗浄していけばよいのか?

見ていきましょう。

 

自宅でできる最も簡単な洗腸で便秘も解消

 

そもそも洗腸という言葉を聴いたことがあるでしょうか???

僕はケイシーの本に出会うまでは全く知りませんでした。

↓↓↓

 

 

こちらの本の中では、

洗腸や高圧洗腸はアトピーなどにも効果を発揮するといわれています。

 

 

洗腸(せんちょう)は浣腸(かんちょう)と似ていて、専用のチューブで肛門から液体(コーヒーエネマなど)を注入し、腸の中をキレイにして毒素をすべて排出する方法の事をいいます。

 

僕は最初、なにそれ怖い・・・

と思ったけど、そんな事より乾癬がひどかったので、洗腸を試さないという選択肢はありませんでした。

 

エドガーケイシーの本を読まれた方はご存知かもしれませんね

 

通常は高圧洗腸といって専門医に行ってもらう必要があるのですが、なかなか高額で機材を扱っているクリニックも少ないのが現状です。

 

しかも信頼のおける病院がどこなのかはわかり辛い部分があります。

 

(エドガー・ケイシーの本の巻末には信頼のおけるクリニックが紹介されている)

また、高圧洗腸を実践することに抵抗があったり恐怖心がある方もいると思います。(僕も最初はとても勇気がいった)

 

しかし正しいやり方で行えば自宅でも手軽に洗腸を行う事ができ、便秘解消の効果はかなりのものがあります。

※用法用量は必ず守ることが重要です。

 

そこで、いろいろ調べて取り入れたのは自宅で簡単にできる洗腸、または浣腸。

そして何より衛生的でお手軽高圧洗腸に比べて非常に安価で、しかも自宅で誰にも知られずにできます。

 

薬局で売っている浣腸を試す方もいると思いますが、浣腸(かんちょう)は腸の置くまで届きづらいし、洗腸キットのような洗腸効果はあまり期待できません。

 

週に1~2回実践し、できれば平行してリンゴダイエットも併せて行うと更に腸内がキレイになります。

 

乾癬改善にはまず、根本的な原因からキレイに改善していく事が大切になってくるので、まずは洗腸で腸内をキレイにリセットして食事制限などと平行して、本来の身体の治癒力を取り戻していくようにすると良いでしょう。

 

ただ、絶対に注意して欲しいのはやり過ぎないこと。

僕は毎日取り組んでしまい、「ぢ」になってしまったことがありとても焦りました。

(いきなり血便がでたので・・・)

なので、必ず回数を守ってせいぜい一週間に1回から2回がオススメです。