食品添加物や遺伝子組み換えの食品は、

いわゆる「ただちに健康に影響するものではない」とはいえ、

10年後、20年後、自分の健康に影響が無いとは言えません。

 

 

実際に遺伝子組み換えの食物を与えつづけたマウス実験では

マウスの体に大きな腫瘍ができてしまうという結果が出ています。

 

 

ものすごく恐ろしい事です。

 

 

食品添加物についても発ガン性のある化学調味料を使っているケースもあります。

 

 

美味しい味付けをされていたり、

日持ちする食品には危険な魔法の粉が使われ続けているというわけです。

 

 

そもそも添加物というのは古来からの発想が元になっていて、梅干しの色付のために昔の人はシソの葉を一緒に漬け込むことでキレイな赤い色に染めていたそうなのですが、その色の成分だけを取り出して粉末状にしたのが添加物(着色料)などの発想の始まりとなっているそうです。




効率やスピード、生産性、安さを求め続けた結果できたものが食品添加物というわけですね。

 

 

なので、安くて美味しい物にはそれなりの物が使われているので、

健康を気にするならできるだけ避けていきたいものです。

 

 

食生活というのは、いきなり身体に影響をもたらすものではなく

長い間積み重ねていくことで影響がでてくるものなので、

すぐに健康になったり、不健康になったりという事はないのですが、

それが逆に悪習慣を続けてしまう要因にもなっています。

 

 

すぐさま悪いものとして身体に反応があればいいのですが、

ジワジワと身体に蓄積されていくので、気づかぬうちに癌や重い病気となって現れてしまうのです。

 

 

乾癬についても必ずしも食品添加物や加工食品の影響があるとは言えません。

しかし、良い影響をもたらすことはないでしょう。

 

 

 

食品添加物を避けて生活することはかなり難しいことですが、

極力外食などはせずに自宅で手料理を作るようにしたほうが良いです。

 

 

食品添加物のわかりやすい表示や知っておくと便利な知識はこちらで紹介されていますので、参考にしてみてください。

 

男性の一人暮らしや、会社での付き合いが多いサラリーマンやOLの方は、

ランチはお弁当を持参したり、夜はなるべくお家で食事する機会をもうけるようにしましょう。