※このページは2012年に投稿し2018年に追記をしています。

 

乾癬にはハーブティーが効くと言われています。

 

効くといっても乾癬の再発を防いだり、予防になると考えてください。

 

実際エドガー・ケイシーの療法でもハーブティーの効能に関する記述は多く取り上げられ、その効果についても実証済みです。

 

具体的にどのようなハーブが良いのか見ていきましょう。

 

ハーブティーは効果を理解して使うと・・

 

そもそもハーブは古代からあらゆる病気や傷の治療に効くとして様々な形で利用されてきました。

 

現代でもその効果が見直されハーブティーを日常的に取り入れる人が増えてきています。

 

 

その効能は様々でリラックス効果や排泄不良の改善、体内毒素の排出、自律神経に作用し精神を安定させ睡眠障害などにも役立つものもあります。

 

 

また、経験上こういった自然の薬を利用する際はその効能、効果を具体的に自分でしっかりと理解して、効果を知ってから使用する方がよりその素材の力を引き出してくれます。

 

 

暗示的な意味も含まれますが

ただ漠然と何かの方法や療法を取り入れるより

しっかりとその具体的な効果や理由などを自分で理解してから使用する方が

より効果的を発揮してくれるのです。

 

 

どんなハーブが良いのか

 

ケイシー療法では乾癬に効くハーブティーは以下の物であると紹介しています。

  • サフラン茶
  • スリペリー・エルム茶
  • カモミール茶
  • マリン茶

 

以前ハーブティについて一度このブログでも紹介しましたが、僕が主に取り入れたのはサフラン茶。

別名、紅花茶

ケイシーの本ではアメリカ産のイエローサフランを強くお薦めしているが、なかなか手に入らないので、自分はアイエローサフランにはこだわりません。

 

 

僕が試していたのは下記に掲載した紅花茶。これでも十分効果はあります。

 

サフラン茶の飲み方についてはケイシー療法の本を読まれるか、以前紹介した「ハーブティーで体内浄化」の項を読んで参考にしてみてください。

 

 

また、顔に乾癬が出ている患者さんはサフラン茶やカモミール茶をタオルに浸して顔を湿らせたり、蒸気を顔に当てるようにすると改善が見られる事もあります。

 

 

ハーブは体内に取り入れても、体外から直接付着させても効果を発揮する

 

その他スリペリー・エルム茶は飲み方や淹れ方が特殊なので、用法要領を守って使用するように注意すること。

 

ハーブティーは数回試しに飲んで終わりではなく、数週間以上は続けてみて効果を確認します。

 

また、夏場は大量に淹れて冷蔵庫に冷やしておくと常に冷たくて美味しいハーブティを飲めるでお薦め。

 

マイボトルに入れて持ち歩くのもいいです。

 

食後などにコーヒーという方は多いですが、コーヒーはカフェインなどが入っていて、あまりお薦めはできないので代わりにハーブティーを飲むようにして体内浄化を促進するように心がけると良いです。

 

 

因みに僕がよく購入していた紅花茶は↓こちら。非常にお安く手軽に試せる。

紅花茶 80g袋入 (べにばな100% ) ベニバナ
(株)ピーアットライフ
売り上げランキング: 29972
こちらの記事もおすすめ。