※このページは2012年に投稿し2018年に追記をしています。

 

 

夏はビールが美味しい季節♪

僕は以前、乾癬が酷かった時期は大好きだったビールはもとより、お酒自体を止めていました。

 

会社での飲み会や友人からのお誘いも断っていたほどです。でも今は・・

 

 

乾癬治ればお酒だって飲めるようになる

 

乾癬が改善しはじめてからは徐々にお酒を飲むようにして、身体に慣らしていきました。

 

再発しそうな感じの時も確かにありました。 身体が痒いと思った時です。

 

でもコントロールして飲み過ぎなかったので、再発はありませんでした。

 

 

何故乾癬にアルコールがよくないかは、以前にもご説明させて頂いた通りです

乾癬とアルコールの関係

 

 

乾癬患者の方でアルコールを飲むと身体に反応がでるという方は少なくないはず反応というのは、痒みだったり、炎症が出てきたいりするということです。

 

 

お酒が大好きな方は非常に苦しい事で、どうしても飲みたい方は赤ワインをおすすめしています。

ホットワインなどもオススメ

 

 

白でも良いが、赤ワインは更に良いです。

ポリフェノールなどの有効成分が多く含まれているし、何より便秘解消になるからです。

 

僕がどうしてお酒が以前のように飲めるくらいまで回復できたかは

やはり今までの生活習慣の改善や食生活の改善、内臓をキレイに戻し体調を健康だった頃のように戻せたからだと思っています。

 

 

今では基本的に飲みすぎることはないので普通にお酒を何杯か飲んでも全く反応は出ないし再発はありません。

 

 

とは言え改善が見られる方でも、いきなりアルコールを以前のように飲む事は絶対に避けるべきです。

 

徐々にならすようにしていってください。

 

特に、僕の経験上ビール類(発泡酒なども)は乾癬に特に反応したのでご注意を

 

 

すぐに治そうと焦る気持ちは禁物

 

食事制限やアルコールが飲めなくなる事は非常に苦しい面もあるのですが、耐えられなくなったからといって、お酒を以前のように飲み続けることはやめたほうがいいです。

 

 

また乾癬を早く治したいがゆえにステロイドに頼ったり、簡単に治ると謳っているような商品に飛びつく事は避けるべきです。

 

 

病気に関して無知な患者は非常にだまされやすいので

特に乾癬のような世間的に珍しい病気は原因や治療法も確立されていないし

難しい面が多分にあるので、自分でいろいろと調べて知恵を身につけておく必要があります。

 

 

ネットを見ていると「そんな簡単には治らないのに・・」と思うようなキャッチコピーでアトピーや乾癬のような皮膚病が数週間で治るなどと謳っているものもたまに見かけます。

 

 

早く簡単に治るか治らないかは一概には言えないはずなんですがね・・・

 

その努力は自分次第という部分が大きいはずなのに、そういった部分を明確に記載していない場合もある。

 

 

以前の健康だった頃のように好きな物を食べて幸せに暮らしたいという気持ちが自分を余計に焦らせてしまうが、今乾癬で苦しんでいる状況であれば、できるだけ自分の間違った生活習慣、食事を改めてじっくり治していくしかないのです。

 

 

とりあえずはエドガーケイシーなどの本を読んで基本的な治療法をお勉強する事をオススメします。

 

 

あとは、自分の心のケアやイメージングなども重要です。

詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。

僕が試したいろいろな方法