※このページは2012年に投稿し2018年に追記をしています。

 

日本では乾癬は非常に珍しい病気の1つです。

 

その病気にもしかかってしまったらどうすればよいのでしょうか?

 

僕も最初は乾癬だとは診断されず、別の皮膚病だと言われていました。

しかし、いざ乾癬とわかった時はどのように対処していけばよいのか解説します。

 

 

乾癬は最初の対処が肝心

 

僕の場合、乾癬にかかったばかりの頃は

とりあえず病院で処方された薬(ステロイド)を毎晩、お風呂上りに塗っていました。

 

今思えばこれがあまり良くなかったように思います。

 

 

何故なら一度は良くなるもののどんどん患部が広がっていってしまったからです。

 

 

最初からステロイドを塗ることを辞めておけば多少はよかったと後悔しています。

ステロイドの副作用についてはこちら

 

 

また、それと併せて通常の軟膏も毎朝塗っていました。

 

ステロイドはとても強い薬だったので、毎朝塗るこの軟膏で、一応はバランスを保っていました。

 

 

ステロイドは非常に即効性がありとても効果があるように見えます。

 

塗り始めて数日で乾癬の痕がキレイになっていきますが、そのうちほぼ100%再発します。

 

 

そして、塗っては治り、再発、そしてまた強いステロイドを塗る。。。

ステロイドに頼っていると、この無限ループに陥ってしまいかねません。

 

 

ついにはブツブツとした気泡ができて、これは「ステロイドの副作用?」と思える症状も出てきてしまう。

 

 

皮膚は黒ずみ、痕がなかなか消えていかない状態に・・・

根本治療にはなっていないという事実に気付かされるのです。

 

 

このような最初の頃の対処法が仇となったせいか、

ステロイドを頻繁に塗っていた箇所の乾癬はなかなか痕が消えませんでした。

 

では、乾癬と判明した場合にまずどうすれば良いのでしょうか?

 

 

最初から自然治療と根本原因解決に取り組む

 

今の自分であれば、当時の自分に向かってこう助言してあげます。。

 

「ステロイド治療のような対処療法はすぐにやめて、生活習慣、

食生活の改善、ストレスの改善などの根本原因を改めるべき」と・・・。

 

 

確かに自然治療は即効性はありません。

何ヶ月にわたって辛抱強く身体の元から改善していく必要があります。

 

 

しかし、人間にはもともと自然治癒力という力が備わっている事を思い出して欲しいのです。

 

 

脳から神経を伝い脊髄を通って身体全体に生命力が行渡り、傷を治癒する力が備わっていることを・・

 

 

乾癬になってしまった方は、現代のストレスや偏った食事、

お酒、睡眠などによって免疫力が低下し、自然治癒する力が弱くなってしまっています。

 

 

そもそも乾癬は外的要因で発症する皮膚病ではありません。

 

身体の内部、つまり内臓や内分泌ホルモンなどの機能低下によって起こっているのです。

 

なので、自分が乾癬やアトピーかなと思ったらまずは病院で適切な診断を受け、

ステロイドを処方されてもあまり超期間使いすぎないことです。

 

 

ステロイドは超期間使うほど人間の内分泌系ホルモンに与える影響が深刻になっていきます。

 

 

自然治療を進めるにあたりまずは自分の生活で改めるべき点を改め、

乾癬について少しずつ理解を深め、知識を得てどうしたら治療できるのか?を知っていきましょう。

 

 

当ブログでは、僕が試してきた乾癬の治療法や知識、原因、

疑問点などをなるべくわかりやすくまとめてきました。

【はじめに】私はこんな方法で乾癬を治しました!

 

 

こういったサイトを十分利用して頂いて、

できるだけ予備知識を頭の片隅にでも入れておいた方が、治療にも効果が劇的に増します。

 

 

また、エドガーケイシーの本も出ているのでそういった書籍で知識を吸収する事もオススメです。

 

但し、ネットでは民間療法を謳った教材などが流通しています。

全てが良い物とは限らないため注意が必要です。

 

所謂アトピービジネスと呼ばれるようなものだからです。

 

こういった簡単、早く、誰でも治せる、といった謳い文句の情報にすぐに飛びつかずに、まずは安心して取り組める事から始めて行く事が一番の近道になっています。

うつ病も招きかねない!?乾癬やアトピー性皮膚炎などの皮膚病の悩み