今話題となっているL-92乳酸菌、アレルケア

乾癬アトピーなどのアレルギー系の皮膚病にどの程度効果があるのか?

実際のところどうなのか?僕なりの見解をお伝えします。

 




 

L-92乳酸菌のアレルケア

販売ページを見て思ったのですが、随所に「体内のバランスを整える」という事ばかりしか書かれていません。

 

 

 

実際の効能や効果、アトピーや乾癬、花粉症といった類のアレルギー系の症状が本当にコレで解消されるかどうかは言及していないんですね。

 

 

 

ただし、こちらのページではL-92乳酸菌のアトピーへの症状に対して有効性が確認されているというデータが示されています。

http://calpis-kenko.jp/l92/research.html

 

 

 

有効性が確認されてはいるものの、緩和しただけという印象です。

 

 

その後も飲み続ける必要があるでしょうし、もし止めてしまった場合は再発しないとも言えません。

つまり、完治したというわけではありません。

 

 

 

もちろん乳幼児だけでなく成人にも有効性が明確に確認されているようです。

 

 

 

ただ、これらのあらゆる方法はあくまでも

対処療法に過ぎないということです。

 

 

 

緩和させたり、弱まることはあっても 何かのストレスや環境の変化によっては再発することは十分にありえます。

 

何故なら、病気の原因を根本から捉えていないからです。

 

 

 

それは前回お話したこちらの記事にも書いた通りですね。

 

 

 

対処療法がダメだというわけでなく、

緊急で今どうしても症状を緩和させたいときや

 

 

ステロイド剤のような副作用のある薬から脱したいときなどは、こういったL-92乳酸菌のような新しいモノを取り入れることで、一時的な処置にはモッテコイでしょう。

 

 

 

しかし、最終的には病気の原因を根本から見直して、メンタルのケアをしていくことが何よりも大切になります。

 

 

 

病は気から。これは一番重要なキーワードになりますね。

 

参考にしていただけたら幸いです。