DSC_0641DSC_0642

一人暮らしを始めて2~3年たった頃

相変わらず友達と朝まで飲んだり遊んだりしていました。

 

そして、

ある日ふと体が痒いなーと思って身体を掻いていたところ

風呂上りに全身を鏡で見て驚いたのです。

 

 

わき腹の辺りと背中の辺りに直径3cm程度の赤い発疹が2つくらい出ていました。

写真 (4)

え!なんだこれ・・何か変な物食べたかなぁ」とびっくり。

 

 

 

とりあえず深刻なものではなかったので

放っておけば治るだろうと思い病院には行かずそのままにしていました。

 

しかし何日たっても完全に治る事はなく、不安になっていきました。

 

 

丁度その頃転職を考えていた僕は新しい仕事先を探しながら忙しい毎日をおくっていて、自分の身体の心配をしている暇もありませんでした。

 

 

その後、転職先が見つかり新たな仕事場で必死に仕事を覚えようと、睡眠もあまりとらずに生活する日々が続いていました。

 

 

そんなある日、家で宅配ピザを取ってビールと一緒に楽しんでいた時に、血行が良くなったせいか、何だか体が痒くなってきました。

 

 

「あれ~、また何かできてる気が・・・」

鏡で自分の身体を見ると、以前からあった発疹がまた炎症して少し大きくなっていた。

 

 

数もいくつか増えていたので、自分でも流石に怖くなってきて、次の日にようやく病院に行くことを決めたのでした。。

 

 

そして最寄駅の皮膚科に行って診察してもらったところ

「心配いらないです」と言われ

カビみたいなものだからこの薬を数日塗っておけば問題ないとの説明を受けたのでした。

 

 

「カビって・・なんだよそれ。まぁでも心配ないっていってうるから。いいか」

どうやら、汗をよくかく人になりやすい湿疹一種だと診断されたようでした。

 

少し不安でしたが僕は言われた通り1週間くらい渡された薬を試していました。

 

でも一向に良くなる気配がなかった。

 

 

日を追うごとに悪化していくので

ついに我慢できなくなって家族や友人に相談したところ

知人がやっている信頼できる皮膚科に行ってみる事を薦められ

その病院に行ってみる事にしたのでした。

 

 

知人がやっている皮膚科は街でも有名な信頼できる病院だったので

小さい病院ながらもいつも満員でした。

 

 

病院の医院長さんに、最初の病院で言われたことを伝え

じっくりと診断してもらった結果

 

 

最初の病院での診断は誤りで「これは汗疹やカビなどではなく乾癬(かんせん)という病気だよ」と診断されました。

 

僕は先生から乾癬と診断されたわけですが、結果的にそれは汗疹やカビなんかよりも、もっとたちの悪い病気だという事を知るはめになってしまったのです。

 

 

エピソード3へ