乾癬(かんせん)を薬に頼らず自力で治した男の記録

乾癬(かんせん)という皮膚病と戦った闘病記や薬にたよらない自然治療にこだわった方法を紹介しています。 また治療への知恵や情報、食事療法、生活習慣方法などを解説します。

乾癬闘病記

乾癬闘病エピソード4 「乾癬治療、そして現在まで」

投稿日:2012年8月9日 更新日:

a0002_004985

病院で乾癬だと診断されて以来、ほぼ毎日薬を飲み、体にはステロイド剤をお風呂上りに1度塗って生活してた。

しかし一時的にはかなり良くなるが、また何かの拍子でぶり返してくる。という事を繰り返していた。

悩んだ末、どうしても乾癬という診断を受け入れられなかった僕は、もう一度ちゃんとした検査を受けておこうと思い、とある有名大学の病院に検査をしにいったのだった。

スポンサーリンク

大学病院では血液検査とは別に、乾癬の皮膚の一部を切り摂って検査する簡易的な手術を行いたいという事だった為、しかたなく手術に同意した。

当然手術代もけっこうかかった。この段階で治療費もかなりかかっていたが「しょうがない。はっきりさせるためだ。」という気持ちで、とにかく結果を待つ事にした。

 

そして1か月後。。。

 

検査の結果はやはり「乾癬」具体的は尋常性乾癬<じんじょうせいかんせん>という病名で、殆どの乾癬患者はこの尋常性乾癬と呼ばれるものに悩まされている)

やはりこの大学病院でも同様の説明を受け、今の医学では対処療法しか行えないとの事だった。

対処療法でずっとこれからも乾癬とはうまく付き合っていくしかない。と言われた事がとってもショックだった。

以前の病院と同じステロイド系の塗り薬を処方してもらい、とてもがっかりして家に帰った事を覚えている。

ただその当時、もう薬塗っても完全に治らないんだったら、薬は止めたいという思いがあった。

ステロイドには副作用もあると聞いた事があったので、このままずっと塗り続けるのは良くないのではないか?という思いもあったからだ。

幸いにも乾癬は、常に痒みを常に感じるものでもないので、別に薬を塗っていなくても生活にそこまで支障はなかった。

(もちろん痒い時はあったが・・・。)

また、乾癬について自分なりにいろいろと調べていた事もありネットなどでも情報を集めまくっていた。

そんなある日、動画サイトを何気なく見ていたら、エドガーケイシーという人が昔に乾癬患者を治していたという内容の動画を見つけた。(知ってるつもり?という昔の番組だったとおもう)

エドガーケイシーという人を実は以前から何となく知っていた僕は、直感で「これだ!」と思い、ケイシー療法に関する書籍を探した。そして一冊の本と出合った。

その本はジョン・O・Aパガノというドクターがケイシーの治療法を具体的な乾癬治療としてまとめた本で「自然療法で乾癬を治す」という物。

僕は後から知ったのだが、ケイシーやパガノ博士は乾癬治療やアトピー治療として有名な方だったのだ。

その本をきっかけに、ステロイドや薬を一切やめて少々厳しい食事療法を摂り入れ、生活習慣を改善し、自分の心を見つめ直す日々が始まった。

大好きだったお酒も断ち、ファストフードはもちろん、白いお米から玄米に変えて、職場でも弁当を持参し、缶コーヒーばかり飲んでいたが、ハーブティーや水に変えた。

いやぁ~ しんどかった。。

家族にも迷惑かけた。

そして・・・光が見えてきた。

治療開始して3ヶ月後の写真。身体全体に疾患があり、赤身を帯びていたが、3ヶ月目で、赤身は改善されていく。

食事療法に関してはとても厳しかったが、徐々にゆるめてはいったが、約1年くらいは行っていた。

また、大変勇気がいったが大きなストレスの原因となっていた仕事もやめて、極力好きな事に関われるようにした。

その結果どうなったかというと、最初の数ヶ月は良くなるどころか全く逆で悪化することもあったが、10ヶ月、1年と過ぎていくうちに症状は軽くなっていった。

 

そう。自然療法でも乾癬は治せるんだ!という自分への証拠ができたのだった。

もちろん。自然療法に切り替えてからは一切薬は使ってない。

治療開始して10ヶ月後の写真。かなり赤身が薄くなり改善が見られるようになってきた。ほぼ再発も無い状態。

 

 

 

 

治療開始して13ヶ月後の写真。ほぼ改善した状態(うっすら色素沈着の痕と手術の痕が残っているだけ)皮膚の皮のめくれや、カサカサは全て無くなっている。痒みや再発も全く無い状態。

その後いろいろと自分なりに工夫しながら実践し、今はずいぶんと改善されている。

現在は食事療法はすでにやめた。お酒も今までどおり飲める。

正直、薬に一切頼らずにここまで良くなれたのは、驚きだが自分を信じて、ここまで努力すれば改善に向かうという事がわかった。非常に大きな経験となっている。

最後に、上記で述べてきたように乾癬治療には時間がかかる。

もう一度言う。乾癬治療はとっても時間がかかる。

それは覚悟した方がいい。

逆に薬などに頼ると一時的にすぐに改善したかのように見えるが、根本的改善にはなっていないため、再発した場合にステロイドの副作用で逆に乾癬の症状が悪化したりする場合もある。

自然治療は本来人間に備わっている治癒力を取り戻す非常によいきっかけをつくってくれるので、この機会に是非参考にされてはいかがだろうか。

また、乾癬とアトピーは非常に似ている部分があるので、このサイトに載せていく内容はアトピーに関する治療としても参考になると考えている。

この闘病記を読んで頂いた方にも、僕の体験が何かの役にたててもらえれば幸いです。最後まで読んで頂き心から感謝致します。ありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓

私の乾癬治療法をリストアップしました

PR

PR

-乾癬闘病記
-

執筆者:


comment

関連記事

no image

乾癬闘病エピソード1 「乾癬を発症する前の僕」

僕は、乾癬が発症する前はまだ実家に住んでいた。実家にいたので、ある程度親にも気を遣いながら、健全な生活を送れていた。 食事は母がいつも作ってくれていたので今思えばとてもバランス良く栄養を摂れていたのだ …

私の乾癬闘病記

こちらは管理人ヒロの「乾癬闘病記」メニューになります。 闘病記は4つのエピソードに分かれていて私が乾癬を発症するまでの話から、乾癬を治療し始めて、現在に至るまでのお話をまとめてみました。 興味がある方 …

no image

乾癬闘病エピソード2 「乾癬を発症した僕」

一人暮らしを始めて2~3年たった頃、相変わらず友達と朝まで飲んだり遊んだりしていた。 ある日ふと体が痒いなーと思って身体を掻いていたところ、風呂上りに全身を鏡で見て驚いた。 わき腹の辺りと背中の辺りに …

no image

乾癬闘病エピソード3 「一生治らないとの宣告」

私は「乾癬ってなんですか?」と先生に伺いました。何せ初めて聴く病名でしたから、どんな病気なのか知りたかったですし何よりもすぐに治るのかが知りたかったのです。 すると先生から「乾癬は人にうつる意味での感 …