※このページは2012年に投稿し2018年に追記をしています。

 

今回は完治させることができた今だからこそ語れる

乾癬が痒いときの対処方法や、

どうしても痒いときのおすすめの温泉入浴方法についてお話しします。

 

 

昔から「病は気から」という言葉があります。

今更と思う方も多いと思いますが、私が乾癬を完治して思った感想はこの言葉でした。

 

 

単純ですが、とても深い意味を持っていると思います。

 

突き詰めると、あらゆる病気はこの「病は気から」という意味からスタートしていけば、治りも早くなると思っています。

 

 

人間の生活では、自分では気付いていないくらいあらゆるストレスや心理的な圧力などを受けています。

 

 

そして、その見えないストレスや怒り、葛藤、などを何年、何十年と気付かずにやりすごしてきてしまいます。

心理的な悩みやストレスを抱えている人ほど大きな病気にかかりやすいとも言われています。

 

 

またストレスは生活の悪循環を生み出す潤滑油にもなってしまいます。

 

 

それは、ストレスを抱えると不眠になったり、暴飲暴食、飲酒、などに走ってしまい、からだの免疫やホルモンバランスを崩してしまう原因を生み出しています。

 

 

一度狂ってしまったバランスは調整し正常な状態に戻す事は容易ではありません。

 

 

また、昨今の環境汚染の問題や季節要因による花粉症などのアレルギーなども、乾癬などの原因不明のアレルギー症状を誘発する要因にもなってしまっています。

 

 

花粉症と同時に乾癬の症状が悪化したり、再発したという方は実は多いのではないか?と考えています。

 

 

もし、乾癬が今現在発症していて日々痒くて我慢できないくらいの症状がでていたり、再発しているような方は、新たにできた乾癬の部分をなるべく直視せず、かきむしったり、いじくったり、皮をめくったりしないように心がけましょう。

 

 

乾癬が新たな場所にできてしまい、とても落ち込む気持ちはとてもよくわかりますし、痒くてしかたがないときもあると思います。

 

 

しかし、そこに出来てしまったものは仕方がありません。認識はしても、うじうじと気にしない事が大切です。

 

  1. 掻かない
  2. 触らない
  3. 気にしない

 

この3つがまず大切です。気にせず、治るんだ。治すんだ。

という気持ちと、寝る前に必ず自分の肌がツルツルにキレイになった事をイメージングする癖をつけましょう。

 

 

ネガティブな気持ちを引きずったまま生活していると、乾癬は治りづらくなります。気にせず、掻かずに、触れないようにそっとしておきましょう。

 

 

そしてリラックスタイムを必ず作って、1日に何度か乾癬がすっかり治ったイメージを刷り込むようにしていきます。

 

 

また、現在でもステロイドを使っている方は、できるだけ脱ステロイドをお薦めします。

 

ステロイドの副作用については以前説明した通りなので、確認してみてください。

 

 

また、どうしても痒みが我慢できなかったりする場合は温泉につかるのも非常に効果的です。

 

痒いときは温泉で乾癬を治癒する

 

温泉はリラックス効果もあり、しかも自律神経のバランスを整え、肌をすべすべ、ツルツルにしてくれます。

 

 

僕ははよく近場の健康センターに通って、気休め程度ですが、薬草の湯に20分くらい浸かってリラックスタイムを楽しんでいた時期がありました。

 

それなにり効果があったと思います。

 

ただ、全身に乾癬ができていたので、人の目が少し気になってしまうのが難点でした。

 

以前北海道にある豊富温泉が非常に効果があると聞いた事があります。私は北海道まで行ってみたいと思ったのですが、常に通う事が困難だったのであきらめたのを憶えています。

 

しかし、いろいろ自分で調べて自宅でも温泉気分と温泉の効果を実感できる湯の華という物があり、それをしばらく試していたことがあります。

 

 

これは乾癬の症状を少しずつですが和らげる効果があり、なかなか良いものでした。豊富温泉の温泉とは違いますが、楽天のレビューを見る限りアトピーなどにも効果があったという方も沢山いたので、気になる方は試してみて効果を実感してみてください。

 

 

以上のように少しずつでも乾癬がキレイになっていく効果を感じられれば、しめたものです。

治せるんだ、良くなるんだ、というイメージが深層心理に伝わっていけば、自信に繋がります。

できる事から試してみて、できるだけ乾癬を気にせず、掻いたりせず、良いイメージを持って生活してみてください。

 

 

乾癬で苦しんでいる人の気持ちは痛いほどわかるので

今後もこちらの記事には完治をするための方法やステップをできるだけ書いていくつもりです。

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓

原因はストレスによるホルモンバランスの崩れ