乾癬(かんせん)を薬に頼らず自力で治した男の記録

乾癬(かんせん)という皮膚病と戦った闘病記や薬にたよらない自然治療にこだわった方法を紹介しています。 また治療への知恵や情報、食事療法、生活習慣方法などを解説します。

ドラマ TV番組

【ラスト・シンデレラ】がマジオモシロイ!4/25の回のネタバレと今後の予想をしてみた

投稿日:2013年4月26日 更新日:

Cinderella's Glass Slipper

 

最近夜の10時台にやっているドラマがマジでオモシロイ!

今日は4/25の10時にやっていた「ラスト・シンデレラ」を見たのだけど、先週見てけっこう面白かったから、また見てしまった。

今まで日本のテレビドラマなんて糞だ!なんて批判してたけど、近頃は日本のドラマもけっこう頑張っているみたい。

スポンサーリンク

もちろん海外ドラマのような面白さとは別物という感想はいなめないが、これはこれでイイネ!という感じ。

このラスト・シンデレラの魅力の1つは、篠原涼子が演じる(遠山桜)アラフォー女子が、ある意味、女子からおばさんへと移り変わっていくような一面と、文字通り女子のような純粋な恋愛感情もしっかりと持っていて、時に可愛らしく、おちゃめで、キュートな仕草やオッチョコチョイな一面が見え隠れするところだと思う。

そして、三浦春馬演じる10以上も年下の超イケメン男子に、遠山桜(篠原涼子)が翻弄されて、女ゴコロを奪われてしまい右往左往する仕草が超かわいい!

いや、実際に篠原涼子レベルの女性や三浦春馬レベル超イケメンは、そうそういないので、かなり現実的ではないのだけど、現代の女性の理想をうまく反映していてハマってしまう。

ドラマのストーリー背景も吉祥寺でオシャレで現代的なイメージとライフスタイルをしっかりと抑えている。

主人公が働く職場も表参道にあるようなオシャレなヘアーサロンを舞台としている。

藤木直人が演じるカリスマ美容師役もとてもマッチしていて、ただのイケメン美容師というよりは、しっかりと仕事もこなし、男らしい自立した考え方と理想もある。

まさに今のアラフォーやアラサー女子たちが憧れてハマって見てしまいそうなドラマの作りに仕上がっていて、客観的に男が見てもオモシロイドラマ。

また、このドラマのもう一つの魅力は毎回登場するエッチなシーンがけっこう笑える。ココリコ遠藤と飯島直子のベッドシーンやホテルでのからみはオモシロイ

今回4/25の回はヘアショーで優勝を狙う立花凜太郎(藤木直人)がスカウトしていたヘアモデルが急遽ドタキャンをしてしまい、当日どたんばでモデルハントを決行する。

一方、広斗(三浦春馬)とデートの約束をしていた遠山桜(篠原涼子)であったが、広斗が若くて可愛い女(本命彼女?)とキスをしているところを見つけてしまう。

落ち込んで帰る道すがら、立花凜太郎(藤木直人)が街でモデルハントをしている所を見つけ、副店長である遠山桜(篠原涼子)も一緒にモデルハントを手伝うが、見つからない。

仕方なく桜が思いついた名案が広斗(三浦春馬)とキスをしていた女の子にモデルを依頼することを提案。

そしてなんだかんだあって、モデルを快諾してもらう。

結果的に立花凜太郎(藤木直人)はヘアショーで優勝をゲット!めでたしめでたしとなるかとおもいきや、凜太郎に密かに恋心を寄せる大神千代子(菜々緒)がヘアショーの帰り際に凜太郎を呼び止めて急にキスをしてしまう。。

どうやら凜太郎は別に思いをよせる女性がいたようだが、手の届かない場所へ行ってしまったと語っていた。

立花凜太郎(藤木直人)が密かに思いをよせる女性とは?

遠山桜(篠原涼子)と広斗(三浦春馬)の恋の行方は?

今後の予想としては、遠山桜(篠原涼子)は凜太郎(藤木直人)にだんだん惹かれていって、逆にお金で雇われている広斗(三浦春馬)は徐々に桜(篠原涼子)を本気で好きになっていくんじゃないの?っていうわかりやすいストーリーだと思う。

来週も超気になるラスト・シンデレラ。まぁ正直、多少現実離れした理想のアラフォー女子とイケメンが繰り広げるストーリーになっているが、実際にありえなくもない話ではあると思う。

今後にさらに期待!

PR

PR

-ドラマ TV番組
-

執筆者:


comment

関連記事

no image

王子と聖南の今後が気になるテラスハウスはヤラセっぽいけどジワジワ来る

最近なにげにフジテレビのドラマや番組がおもしろい気がする。 例えば、木曜10時にやっていた「最高の離婚」なんかは役者ぞろいで 脚本も面白くて、普段ドラマを全く見なくなってしまった自分も毎週欠かさず見て …